ガネーシャ

りらっくすらいふ 水野です。
おはようございます。本日もちょっと風が冷たいながらも良い天気になりました。ログハウスが青空に映えます!!!
ログハウスの扉の横には、、ヒンドゥー教の神様の一人、「ガネーシャ」が祭ってあります。ガネーシャは太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕を持っています。障害を取り去り、財産をもたらすと言われ、事業開始と商業の神・学問の神様なんです。タイのマッサージのお師匠さんから贈っていただいた神様で、水と花、お菓子が大好きなんだそうで、切らさないようにといわれています。
実はこのガネーシャ、日本の神様としても伝来されていて、「第聖歓喜天」と呼ばれています。こちらは、男天・女天2体の立像が向き合って抱擁している歓喜仏的なものが多いそうで、夫婦和合、子授けの神として信仰されています。
天気がいいので、ガネーシャもうれしそうですね (^^)v
今日は、11:00~14:00、 17:00~19:00に空があります。ぜひご来店くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です