タイハーブとタイ伝統医学

ハーブは、タイ語で「サムンプライ(สมุนไพร)」と言います。サムンプライは、レモングラス、ウコン、生姜など、タイで日常の食材にも使うものです。家庭の庭や道端でも気軽に摘むことができ、市場でも簡単に手に入るものです。しかし、ハーブとして外傷治療、内疾患の治療、芳香による癒しとしても使われ、生活全般に浸透しています。その歴史をたどると、数百年前のスコータイ王朝時代、戦争で傷ついた戦士などにも薬剤として使用されて、その効能は絶大だったといわれています。現在も医療として、またリラクゼーションとして生活に根付いています。

タイ・ハーブ