セラピスト紹介

私は前職で電子部品の設計を行っていました。朝8時半から夜は無制限で残業を行い、くたくたになって家に帰る毎日でした。一日中いすに座ってパソコンに向い、背中は丸まって硬くなり、肩こり、腰痛がたまっていました。目が疲れ頭も痛くなってしまい、イライラする毎日です。そんなとき、街でタイ古式マッサージに出会い、今まで通っていた整体と呼ばれるマッサージとは違う施術法に驚き、またその気持ちよさに驚いてしまったのです。私は縁あって、日本のタイ古式マッサージを代表する「日本トラディショナルタイマッサージ協会、日本ヌアボーランスクール」で学び、セラピストの資格を得ました。その後タイ国、チェンマイにあるCCAマッサージスクール、オンタイマッサージスクールにて、タイ古式マッサージだけではなくタイ伝統医療のサムンプライ(薬用ハーブ)や木槌療法トークセンなど様々なタイの技術を学びました。さらに仏教国タイの寺院で、コミュニティー、中でもマッサージを中心とした民間医療に触れることが出来て、慈悲の気持ちのすばらしさに気が付くことが出来ました。ぜひとも、この世界一気持ちが良いマッサージを多くの皆様にに広めていくことが出来ればと願っています。

タイ古式リラクゼーション りらっくすらいふ 水野 真司

自画像