KE667便

仁川空港 15番ゲート 18:20 ボーディング開始。結構大人数で、ずらっと列ができる。搭乗者はやっぱり韓国人が多いようですね。でも、欧米人も結構います。もちろん日本人も・・。

ちょっと遅めに飛行機に乗り込んだら私の席は3人掛け窓の際で、隣が空いていてその隣は北欧系かな?10代位のきれいなお嬢さんがいて、ちょっと「ラッキー!!」かなっと思ったけど、そのお嬢さん機内食も食べずにひたすら寝ている。こっちはさっき飲んだ少し大きめのコーヒーのせいかトイレに行きたいんだけど、お嬢さんはテーブルに伏せたまま身じろぎもしない。さて、どうやって声をかけたものか・・。気の小さい50代直前の「おじさん」は困っています。

8

機内食は、「Beef or Chikin?」とお決まりの文句。「Beef, please!」後ろの席の欧米人には、「or sea food?」って、なんで私にはないの? メニューは牛肉のいためたものと韓国風焼きそば?それにロールパンがついて、さらに冷奴??ちょっと甘めのSoySourceがついてましたけど、どんなチョイスなんでしょうね。ただ意外なことにその冷奴が豆の味がちゃんとしておいしかったんです。

9

トイレどうしたって?何とか声かけましたよ・・・。目を覚ました隙にね!

約6時間のフライトの末、22:40チェンマイに到着。 再度尿意を催して飛行機から降りて入国審査のゲート前でトイレに駆け込んだんです。戻ってきたらなんと、中国人の団体がうじゃうじゃ現れて、ゲート前を埋め尽くしていたのです。例のごとく大きな声で叫びまくる、列などお構いなしに突っ込んでくる。空港スタッフに金をとパスポートを突きつけて、イミグレーションカードを書かせている。審査官の前で横向いて誰かとしゃべって注意される。もお最悪!!入国審査に1時間以上かかりました。

何とか、荷物も受け取ってタクシーを捕まえたら、なんと地元の人と相乗り・・・。料金は市内一律1台120B、お金は誰が払うんだい?先に下ろされた私は120B払わされたんだけど、どうなったんだろう?

24時すぎ・・。
ホテルは、GreenPlazaHotel、 一泊450B(約1350円)。ツインで結構広い。期待よりもずいぶんきれいに感じる。部屋に入ったところに小さな泥マットがおいてあり、その先フローリングのようになっている。どうも靴を脱いであがるようだ!スリッパも持ってきたし、意外にいいかも!
トイレとシャワーはあまりきれいではないが、お湯も出るし掃除もされてるみたい。
問題は、トイレに置かれたゴミ箱と、その横の小さなシャワー。 便器の中の穴が日本のものより小さくどうやらトイレットペーパーは流していけないらしい。ゴミ箱は拭いたペーパーを捨てるものなのね。シャワーはハンディのウォシュレットだった!
ここで21日間生活するんです。

2013年1月31日 | カテゴリー :